セルモの教室長BLOG

Selmo Blog

第二回作文練習会+集団討論[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。お陰様で、毎日多忙な日々を送らせていただいております。


たまに生徒に聞かれます。


「先生って昼からきて、何しているの?」


生徒たちは授業をしている姿しか目にしませんからね・・・


冬期講習準備・保護者面談・入塾手続き・進路指導・私立過去問分析(出願日時等の確認)・面接対策・作文対策・集団討論対策・合宿そして今週は体験授業が3件ございます。


けして昼からぼーっとしているわけではございません(笑)


さて、本日は12月7日(土)にJA忠生会館で実施された第二回作文練習会と集団討論について書きたいと思います。


まず作文ですが、だいぶ良い文章が書けるようになってきました。しっかり吸収する力がついていると感じます。「これまでの生活の中で印象に残ったこと」「心に残る出会い」「周りの人の言葉や行動から学んだこと」など似たようなテーマですと訓練の成果が表れやすいですよね。




何度も読んでいるうちに、中学校の担任の先生や部活の顧問の先生の名前を覚えてしまいました。「○○先生は」「○○先生は」と連発するので、代名詞に置き換えてもらっています。しかし学校の先生が子供たちに与える影響は本当に大きいですね。


苦戦しているのは小論文組でしょうか。テーマは様々ですが、感想文ではなく、意見文ですので言いたいことが明確でないと何も伝わってきません。特に、難しい言葉を連発する生徒には「これでは伝わらない」としつこくアドバイスしています。


また、集団討論練習会はとても良い勉強になったと思います。学校にもよりますが、集団討論を練習する機会はございます。今年は山崎中学校と忠生中学校が早めに予定を組まれていますね。しかしクラスメートとの討論よりも、知らない他校の生徒との討論のほうが実践的ですよね。



それにしても声の小さいこと!傾聴姿勢がなっていないこと!大人では当たり前のことですが、中学生にとってはすべてが新しいものです。でも、中には見事にふるまえる生徒もおります。そういう生徒を参考に本番では一歩前に出て発言してほしいと思います。日本人の特性で、周りの様子を伺いながら発言するべきか否か、迷っているのがよくわかります。そういう生徒たちには無言の圧力で


「言いなさい」「今こそ勇気をだして!」とメッセージを送りました。


個々に課題がありましたので、今日からアドバイスしていきたいと思います。

カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.12.09NEW
面接、作文、合宿、受験生対策を続々と・・ [代表:宮谷]

本日も当教室のブログをご覧いただきありがとうございます。


相変わらず忙くさせて頂いております。受験生の対応も忙しいですが、保護者面談や来春の準備など、この時期は毎年様々なことが重なります。特に、2学期期末テスト終了以降は、タスクを相当細かく管理していかないと、やりもれが出るほど多くのことがあります。

特に、受験生向けの対策メニューを毎週のように実行していきます。通常授業の合間を縫って、スケジュールを組むのがなかなか大変です。

以下に2学期期末テスト終了以降で終了した対策メニューを列記します。

(1)第3回面接練習会 (第1回、第2回はすでに実施済み) 11月23日、30日の2日間で計4グループ

(2)第1回作文練習会 11月29日

(3)入試直前合宿勉強会(計10回行われます) 第1回11月24日 第2回12月1日


おそらく定期テスト対策(毎回計10回30時間)も含めると、個別学習のセルモ町田忠生教室と町田木曽教室の「高校入試対策プログラム」は非常に充実していると自負しております。

なぜここまでサポートを充実させているかというと、一言でいうと「合格率」に拘っているからです。

合格率を上げるためには、昨今の中学生の特徴、試験内容、学習指導要領に定める学習内容をしっかり分析する必要があります。


まず昨今の中学生の特徴で申し上げると、少なくとも町田エリアにおいては年々学力が下がっている実感があります。理由は様々ありますが、ここでは文章が長くなるので省略します。


また生徒の学力が下がる反面、特に人気の東京都立高校の試験内容は難度化しています。各科目教科書を理解しているだけだと対応出来ない問題は多く、学習塾としても対策に難儀しています。



学習指導要領も2012年に変更された教科書から、各科目の教科書が30〜40%程度増量されており(要は各単元の内容が充実した、新しい単元が加わった)、各学校も相当足早に指導している印象があります。もしくは時間が足りず、ほとんど指導が終わらないまま1年が終わってしまいます。中学校3年生の社会公民は50ページ程度しか指導しないまま2学期期末テストを迎える学校も珍しくありません。これでは、上位と下位の生徒の実力差はますます広がるばかりです。


こういった様々な状況を分析し、今年からは10日間計70時間の合宿勉強会を、通常授業や季節講習以外に付け加えました。さらに合格率を上げるため面接・作文・集団討論等の対策も毎年ブラッシュアップしながら、一番最初は5月から徐々に生徒に慣らしていっています。写真は合宿勉強会の様子です。お弁当とお茶付きで、朝から夕方まで7時間勉強します。

この週末もそれらのメニューが目白押しで、参加した各生徒は文句も言わず粛々と取り組んでくれました。受験に向けての真剣味もかなり上がってきましたね。これがまさにスイッチを入れるということなのだと思います。もちろんそうでない生徒もまだまだいますので、今後さらに生徒のモチベーションを上げる工夫をしていきます。

下の写真は面接練習会、作文練習会のいち場面です。推薦入試対策として、これらの対策を細かく実施しています。今週末からはいよいよ集団討論対策が始まります。

来春以降はさらに受験生向けのメニューを強化していこうと考えています。

2019.12.02
2020年度 第一回作文練習会[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


昨日は毎年恒例の作文練習会を実施いたしました。会場は町田市にございます「ぽっぽ町田」をお借りいたしました。



スライドショーを使い、宮谷代表より作文・小論文の試験の目的や過去に出題された作文のお題、指定文字数など具体的な説明がございました。


次にテーマの出題傾向、そして書き方のポイントや留意点、手順の説明がありました。それを元に各生徒の志望校別に実践訓練が行われました。



書き始める前にしっかり内容を整理しないといけません。いきなり書き始めると、途中でテーマがずれたり、だらだらした内容になりますよね。しかし一番怖いのは「ネタがなくなって字数が足りない」ことです。採点対象にならない可能性がありますので細心の注意が必要です。スタッフが巡回しながら、1人1人見て回りました。


なかなか書き始められない生徒、文字が乱雑、文字が薄い、小さいなど個々に課題が山積みでした。しかし例年に比べますと作文や小論文を「書く」という意味では意識がだいぶ高いと感じました。



その後、宮谷代表と私で赤ペンを入れていきました。その中で生徒に指摘した内容は・・・


同じ語句を繰り返し使う、難しい言葉を使って「相手に伝わらない」、物語の脚本のようになっている、具体例がありすぎてまとまりがない等です。そして、アドバイスを元に生徒たちは書き直しをしました。


文を書くという行為は得手不得手はございますが、やはり書く人の「物事に関する考え方」が表れます。まずはそのことを認識していただき、より深く、わかりやすく、興味を引く内容に書けるようになることが大切ですね。


各中学校では仮内申が出てきております。「内申が上がった!」という嬉しい知らせも多数の生徒から届いております。その内申を入試で生かすためにも作文練習会、面接・集団討論練習会は真剣に臨んでほしいと思います。


みんな頑張れ!

カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.11.30
全速力な毎日です! [代表:宮谷]

本日も当教室のブログをご覧いただきありがとうございます。


いやはやブログ更新出来ません。言い訳のオンパレードになりますが「2学期期末テスト対策」「冬期講習準備」「保護者面談」「受験生の合宿勉強会準備」と、カリキュラムやメニューが目白押しで、なかなか「文筆する」時間が取れません。色々教室の状況や、生徒さんの頑張りをお伝えしたいと思っているのですが。講師一同、これら準備に全速力です!


いずれにせよ、東京都立一般入試まで100日を切り、1日たりとも無駄に出来ません。合間を見てブログも更新していきたいと思いますが、毎日生徒優先で頑張っていきたいと思います。風邪やインフルエンザも発生し始めていますので、健康に留意してがんばります。みなさんもご体調ご自愛下さい!

点数アップの秘訣【講師:安齋】

いつも当教室のブログをご覧いただきありがとうございます。


今回は町田忠生教室と町田木曽教室の両教室の2019年度2学期中間テストの結果をお知らせいたします。


今回の中間テストでは1学期の範囲よりテスト範囲が広く、学習範囲の難易度が高いです。その中で、定期考査の点数が下がらないはずがありません。

難易度や範囲が難しく広くなった中で、個別学習のセルモに通う生徒たちは点数をキープ、または点数をアップさせていました。これは素晴らしい結果でした。ご覧くださいませ!


両教室で


80点以上57枚獲得!!

5科400点以上7名!

前回テスト比点数アップ110枚獲得!!


満点獲得!!


忠生中学校 3年 英語100点


前回比、点数アップ


忠生中 3年 数学 43点アップ!!

山崎中 2年 理科 39点アップ!!

山崎中 1年 理科 36点アップ!!

忠生中 3年 社会 32点アップ!!

忠生中 3年 国語 32点アップ!!

忠生中 2年 理科 31点アップ!!

忠生中 3年 数学 27点アップ!!

忠生中 3年 数学 26点アップ!!

山崎中 3年 英語 25点アップ!!

山崎中 3年 国語 25点アップ!!

木曽中  1年 理科 25点アップ!!

木曽中 3年 理科 24点アップ!!

第三中 1年 社会 22点アップ!!

第三中  2年 英語 21点アップ!!

小山田中3年 理科 20点アップ!!

木曽中 3年 社会 20点アップ!!


他多数!!

皆さんよく頑張ってくれました!!


個別学習のセルモではテストごとに「テスト対策授業」を実施しています。

テスト対策授業では数学と英語を基幹科目として学習をしており、理科社会などの学習も進めていきます。テスト対策授業では個人個人の苦手科目やテスト範囲(1・2年生の復習が出る学校はその範囲も)に合わせてカリキュラムを立てて進めています。

テスト対策授業とは別途で希望者に「テスト対策プリント」の配布をしています。

このテスト対策プリントはテスト範囲より、講師陣がテストに出題されやすい、生徒が苦手にしており問題演習が必要な部分をピンポイントで印刷をして配布をしています。

今回の木曽中学校の数学のテストの場合は3年生の学習分野と1・2年生の既習分野の出題がされましたが、講師が予想範囲を的中をして生徒が高得点を獲得しています!!


また、個別学習のセルモ町田忠生教室、木曽教室では自習場所を完備しています。テスト期間中は自習室で生徒たちは暗記物に集中して取り組んでいます。

そこで暗記プリントを配布したり、知識整理の問題を出題するなど授業時間外でのフォローもしっかりとさせていただいています。


以上中間テスト結果のご報告でした。

個別学習のセルモに通う皆さんはよく努力をしています。

期末テストの対策授業も只今実施中ですが、今回もよい結果を残せるように精一杯サポートいたします!!