セルモの教室長BLOG

Selomo Blog

中学1年・2年生の保護者様へ是非読んでいただきたいこと [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただきありがとうございます!

台風19号の被災にあわれた方々へお見舞い申し上げます。あまりにも多くの地域で、浸水や土砂崩れがあり心を痛めています。当社でもお知り合いを通じ、会社で所有する発電機などの貸し出しをお声がけしております。ガソリン・オイル、延長ケーブル、高圧洗浄機などもございますので、本ブログ読者の方で必要な方がいらっしゃれば、お声がけ下さい。

さて、2学期中間テストが終わり、3年生のテスト結果に注目しています。徐々に返却されていますが、木曽中の3年生の数学のテストを見ると、事前の予想通り3年生の範囲以外の出題が多数ありました。出題されそうな範囲は概ね予想が付きましたので、進度に余裕がある生徒にはそれらの範囲も徹底して復習してもらっていました。

例えば、扇形の面積・錐体の表面積/体積・1次関数・図形の証明問題等をその対象としていましたが、ほぼほぼ想定の範囲が出題されました。

逆にいうと、進度に余裕が無く、さらに3年生から学習塾通いしている勉強が苦手な生徒さんたちにとっては、大変厳しい結果になったと思います。我々がいうのもなんですが、今回のテストは非常に良い内容で、基本をしっかり身に付けている生徒にとっては簡単なテストで、逆におろそかになった生徒にとっては、3年生の範囲はなんとか対応出来ても、それ以外の範囲は全く解けないテストです。真面目に勉強してきた生徒に報いるテストなので、担当の先生は公平だなと思いました。

要は「基本を大事にしなさい・・」ということです。Blogのタイトルにあります通り、これは是非中学1年生・2年生の保護者さんにご理解頂きたいことなのですが、現状の教科書、2021年に改定される次の教科書ともに、非常に内容が濃く学力差が出てしまう内容です。2年生の後半や3年生から学習塾通いしても、短期間ですべてを復習することは大変難しく、テスト結果や受験結果に反映させることはそう簡単ではありません。

これは数学に限った話ではなく、他の科目も同様です。とにかく内容が多いです。一夜漬けで改善は出来ません。やはりコツコツ進めていくしか有りません。高校に入ったとしても、苦労する結果になるので、できるだけ早く対策を進めて下さい。

クラストップの成績ですが・・・[代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただきありがとうございます!


先週で各中学校の2学期期末テストも終わり、結果の回収も進んでいます。

成績アップの事例は、全てまとまった後にBlog読者の方々にもお知らせしようと思いますが、

昨日と木曽中の中学1年生の生徒さんが、うれしそうに「数学がクラス1番だった!」と報告してくれました。

「凄いね!」と我々も喜んだのですが、生徒さんから提出された数学の結果を見る80点を若干切る点数でした。


1学期の期末テストは90点以上取った生徒さんだったので、10点強下がったことになります。80点弱でクラス1位?と思ったのですが、平均点を見て納得しました。なんと40点ということだったのです。ある程度平均点は下がると思っていまいたが、それにしても低い点数です。


以前のBlogでも記事にしましたが、やはり2学期はどの学校も数学や英語の難易度があがり、1学期のような点数は取れません。特に今回は、一次方程式の利用という難易度の高い問題が出題されており、この問題は小学校で学習する「割合」「速さ」などの多くの生徒が苦手とする各知識がパーフェクトに理解出来ていないと解けません。

実際に我々の教室でも、多くの生徒さんが小学校にさかのぼり、これらの復習に時間を割きました。


平均点が40点ということは、10点、20点の生徒さんも多くいるということになりますが、こういった点数を取った生徒さんは、間違いなく割合や速さの知識はほぼ無いものと思われます。さらに、「文字と式」や「方程式」の理解も曖昧でしょう。


この状況を改善するには、そう簡単に行かないことは言うまでもありません。実際にこの時期から年始に掛けて、中学校1年生の生徒さんのお問い合わせが増えますが、保護者さんの予想以上に理解が出来ていないとお考え下さい。しかし、改善を始めないことには、中学校2年生の連立方程式も解けません・・。やるしかないのです。

災害対策と出題予想[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧にいただき、誠にありがとうございます。


史上最強クラスの台風19号が列島と縦断して一夜明け、その被害の甚大さが明らかになってまいりました。千曲川の氾濫、千葉の竜巻など各地に大きな爪痕を残しました。

そんな中、教室で授業が通常通り行えることに感謝いたします。異常気象はもはや異常ではなく、いつ何が起きるかわかりません。社会、地域一丸となって助け合うことの大切さを改めて痛感いたしました。また、警察官は24時間勤務で対応に追われたようです。車が動かない、電柱が倒れた等、110番通報が絶えなかったと聞きました。


千葉県市原に住む知人から送られてきた写真は竜巻にあった直後のものです。風は大型トラックさえ横転させる力があり、普通乗用車など軽く浮かせてしまいます。

個別学習のセルモでは宮谷代表指示のもと、一切のものを教室内に運び込み、シャッターを閉め、窓には養生テープ、パソコンにはブルーシートを被せ、ドア付近はウエスを敷き詰めました。

十分すぎる対策などないのです。

しかも2、3日まえから生徒やスタッフの安全を考え「休校」を決定していました。

さて、話は変わりまして本ブログの題名である「災害対策と出題予想」ですが、土日に私を悩ませたキーワードがあります。それは「香港」です。これは忠生中学校の中間テストに出た時事問題の答えで、出題されるであろうと予想がついていました。


生徒の一人は「台湾」と答えたようです。

そうなんです。生徒たちは香港のデモのことも知らないのです(涙)

テスト前日に一人の生徒に聞いたのです。

「香港でデモが起きていること知ってる?」

「知らない、何それ?」

愕然としましたが、もしかしたらこの生徒は正解できたかもしれません。たとえ1点問題でも、出題されるであろうことを全員に伝えきれなかったことが悔しいです。

私は学校の先生が作成したプリントに目を通し、明らかにつついてくるであろう「政権公約」も教え込めたのは普段から自習にくる生徒一人でした。皆「マニフェスト」で覚えていて、私自身もそれで充分かもしれないと思ってしまいました。「香港」にしても「政権公約」にしても、生徒たちからすればたいして重要ではなく、私自身も未来を予見できるわけではないので、そこまで強くプッシュしませんでした。


これは災害対策と似ていませんか?


私たちは未来を予見することはできませんが、万全の備えをすることが求められています。

たとえ出題されなくても、おせっかいでも、全員にしっかり教え込むべきでした。11月中旬、来る期末テストで同じ過ちは絶対に繰り返しませんよ!


カテゴリー:
セルモの教室長BLOG
2019.10.14
台風の準備はお済みですか? [代表:宮谷]

本日も当教室のBlogをご覧いただきありがとうございます!


さて台風19号・・。過去例を見ない大型の台風になるかもしれません。


明日12日(土)は終日休校といたしました。12日昼前から夜までが東京のピークと思われますが、ちょうど教室の運営時間と重なります。昨日木曜の段階で早々と決断を下しました。生徒さんはもちろんのこと、従業員の通勤に危険が及びます。


11日(金)は通常通り授業を行いますが、教室は授業前に万が一ガラスが割れた時の飛散防止として、養生テープを張りました。

ちなみに近隣のホームセンターは、皆さんブルーシートや養生テープをたくさん購入されており、私が昨日行った時は山積みになっていた養生テープが、今日追加で購入していくとほとんど在庫がない状況でした。今日の夕方にはもう無いかもしれませんね・・・。ガソリンスタンドも昼長蛇の列でした。私は朝早くに入れたので特に並ぶことは無かったのですが、夕方にはガソリンが品切れになるかもしれません。


みなさんも今日は早めに仕事を終えられ、台風準備に備えて下さい。何事も無く週があけると良いのですが・・・。


お子様は塾で何を学習しているのでしょう?[教室長:松本]

いつも当教室のブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


皆様はお子様が学校や塾で何を学習されているのかご存じでしょうか?なかなか宿題の状況や授業の様子など把握するのは難しいですよね。


中には1か月分の授業報告をご家庭に郵送してくれる塾もございます。でも1か月も前のことを今さら知らされても・・・ちょっと遅く感じますよね。


ほとんどの塾は一度入塾したら中で何をしているのか把握するのは困難です。


個別学習のセルモでは授業があったその日の授業内容が、当日保護者様の携帯やパソコンにメールで届きます。たいへん保護者様からご好評をいただいており、休日に一緒に学習に取り組むこともできますし、お子様との話題にもなります。


報告内容は


1 科目

2 授業報告者 講師名

3 前回の宿題内容とその実施の有無

4 授業実施内容(教科書のページ数と単元名)の課題と成果

5 小テスト得点、課題と成果

6 本日の宿題(教科書のページ数と単元名)


学習内容だけでなく、気になることがあればお子様のご様子も併せてお伝えしております。特にこの時期は体調を崩しやすいので、私たちも目を光らせております。


お陰様で、教室では毎月体験授業をしてご入塾される生徒さんが多数おります。今週から新たに中学1年生と小学6年生の生徒さんがご入塾されました。違うお子様の体験授業もすぐ控えております。しっかりお子様の学習をサポートできるよう努めてまいります。


さて、いよいよ明日からは忠生中学校の中間テストが始まります。かと思えば、2学期期末テストの準備がすでに始まっております。ほとんどの中学校の期末テストは11月中旬に集中しております。生徒たち全員が満足のいく結果が出せるよう、スタッフ一同全力で応援いたします!

2019.10.09